衛生委員会、活動内容例の報告

2011-08-25
いつもありがとうございます。

産業医の武神です。


今回は、

【衛生委員会、活動内容例の報告】

という内容のお話しをさせて頂きます。


あなたの会社の労働安全衛生管理・産業医活動のヒントになれば幸いです。



今までは名義貸し産業医状態であった企業様です。

弊社でご契約頂き、体制を整え、はや2年になるクライエントの紹介です。



この2年間、衛生委員会で行ってきたこと


1.健康管理体制の強化
健康診断は毎年1回必ず行う。受診率90%以上を目指す。
産業医にその結果をチェックしてもらい、必要に応じてまたは希望に応じて、従業員の面談を行う。
健康促進イベントの案内を行う。


2.過重労働管理体制の確立
過重労働になった従業員へ産業医による面談うシステムを確立する。
各チームのリーダー以上へ勤怠情報を共有し、勤怠管理意識の向上を行う。


3.メンタルヘルス体制の確立
各チームのリーダー以上へ社外の専門家による研修会を行う。
従業員への情報提供として、メンタルヘルス相談窓口(社内外)の掲示や書類配布による周知を行う。


4.季節のウィルス対策等の体制を確立
熱中症、食中毒の予防などについて掲示して周知を行う。
インフルエンザ、ノロウィルス対策として、アルコール消毒液を入口、トイレ内などに設置を行う。

5.地震対策、緊急時の体制を確立
地震、停電などの発生時において、現在の社内の対策を見直し、時代にあったものにする。


以上、一部ではありますが、衛生委員会を通じて、行った活動実績です。


弊社では、企業の発展だけでなく、従業員の健康の促進を心がけている企業様を応援しております。

これからも継続して、一歩一歩、働きやすい職場環境にしていけたらと思います。


あなたの会社でも、どうぞご活用下さい。

産業医契約、安全衛生管理体制の相談はdrtakegami.comへどうぞ。


以上、
あなたの会社の労働安全衛生管理・産業医活動のヒントになれば幸いです。



コメントを書く







コメント内容



CAPTCHA


お問い合わせはこちらから