産業医も気にする心の健康対策(メンタルヘルスケア)に取り組んでいない理由及び今後の取組予定

2009-01-16

心の健康対策に取り組んでいない事業所(全体の66.4%)について、

取り組んでいない理由をみると、

 

1.         「専門スタッフがいない」(44.3%) とする事業所の割合が最も高く、

2.         「取り組み方が分からない」(42.2%)、

3.         「必要性を感じない」(28.9%)、

4.         「労働者の関心がない」(27.7%) の順となっています。

 

30人以上の規模の事業所で「専門スタッフがいない」とする事業所の割合が最も高くなっています。

 

これは、産業医がいる事業所でも、産業医の仕事がほかの事で手一杯であったり、単に産業医がそこまでやってくれなかったり、いろいろな原因があると思います。

 

今後の取組予定としては、

ü         「取り組む予定である」は4.4%、 であり、

ü         「取り組む予定はない」が51.9%、

ü         「検討中」が42.8%、 となっています。

 

取り組む予定がない事業所が半数以上とは、働く人の心と体の健康を応援する産業医.comとしては、悲しく、厳しい数字です・・・。

 

 

メンタルヘルスケアに取り組んでいない理由及び今後の取組予定

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、20081010に厚生労働省より発表された「平成19年 労働者健康状況調査」を、産業医.com的に紹介させて頂きました。(詳しくはこのリンク先の報道発表資料でご覧ください。)



コメントを書く







コメント内容



CAPTCHA


お問い合わせはこちらから