法定障害者雇用率が引き上げられます!

2012-09-27
Facebookページをつくりました!
 今すぐ「いいね!」ボタンをクリック! 
■http://on.fb.me/mlmgtofbhp■

いつもありがとうございます。

産業医の武神です。


今回は、

【法定障害者雇用率が引き上げられます!】

という内容のお話しをさせて頂きます。

あなたの会社の労働安全衛生管理・産業医活動のヒントになれば幸いです。



9月は「障害者雇用支援月間」です。



民間企業の法定障害者雇用率は、

【平成25年4月から】

【2.0%に引き上げられる】

ことが決定されています。



ちなみに、

現在の現在の法定雇用率は、

国、地方公共団体、一定の特殊法人は2.1%、

都道府県等の教育委員会は2.0%、

民間企業は1.8%

です。




罰則(法定雇用率未達成の事業主)は、

「法定雇用障害者数に不足する障害者数に応じて1人につき月額50,000円の障害者雇用納付金を納付しなければならない」

となっています。




なお、障害者雇用納付金の徴収は、

これまで常用雇用労働者数を301人以上雇用する事業主のみを対象としてきましたが、

法改正により平成22年7月からは常用雇用労働者数を201人以上雇用する事業主、

平成27年4月からは常用雇用労働者数を101人以上雇用する事業主に

対象が拡大されます。




企業にはさらに雇用拡大の取り組みが求められます。



高齢・障害・求職者雇用支援機構では

毎年、障害者の雇用の促進と職域拡大のための

【職場改善に関する好事例】を募り、

表彰を行っています。


同機構ホームページで、平成24年度の表彰事例が紹介されています。

■参考リンクはこちら■
bit.ly/SFXY7l



厚生労働省からの案内
■参考リンクはこちら■
bit.ly/OriYNi


以上、あなたの会社の労働安全衛生管理・産業医活動のヒントになれば幸いです。



コメントを書く







コメント内容



CAPTCHA


お問い合わせはこちらから