休暇を”計画”することで、人は既に幸せになっている

ブログを読みにきていただき、誠にありがとうございます。
産業医の武神です。

今日は、My daily input(読書・学び・想い)として、
【休暇を”計画”することで、人は既に幸せになっている】
という話をさせていただきます。


最近の研究によると、

休暇を”計画”することで、人は既に幸せになっている。

しかも、その効果(幸せの感情)は、8週間続くとのこと。


オランダのBreda University of Applied Sciences Jeroen Nawijn氏の研究で、

雑誌、Journal Applied Research in Quality of Life発表されました。

成人オランダ人1530人を対象に、32週間の研究期間の間に、974人が休暇をとったとのこと。

この人たちの、休暇と幸せ度(happiness)を調べましたとさ。


その結果は、

「休暇が終わると、幸せは普通レベルにもどってしまう。」

 これは、納得ですね。


「休暇が楽しくなかった人は、休暇後にhappyにならない。」

 普通に、予想通りですね。


「休暇が楽しかった人も、休暇後の特別なhappinessというものはない。休暇にいかなかった人と同じレベル。」

 これは、ちょっと残念な感じです。


しかし、

「休暇がとっても楽しかったというひとは、休暇後happinessが2週間つづいた」

 ちょっと、安心しました。



産業医のコメント;

やはり、休暇の後は”仕事”にもどる(=ストレス?)ということが、幸せ度を下げてしまうのでしょうか。。。

メンタル疾患(精神疾患)を持っている人の自殺は、休暇後(復職直後)が要注意といわれていますが、それとも関連ありそうで納得です。


この研究からいえるのは、
長い休暇よりも、こまめの休暇をとったほうが、(計画期間が増えるので)、より幸せな時間が続く
ということでしょう。



私自身は、休暇からの帰宅途中に、次の休暇の日時と場所を決めてしまう、ということを数年前からやっています。

長期休暇の計画は、1年前に始まり、10ヶ月前には予約済みです。そして、それを楽しみに、1年間やっています。



夏休みも終わった今日この頃、あなたの次の計画は何ですか?

ぜひ、教えてください。

■参考リンクはこちら■
link.springer.com/content/pdf/10.1007%2Fs11482-009-9091-9.pdf


以上、ぜひ、あなたの心と体の健康管理にも、ご活用いただけると幸いです。
コメント、ご質問等、お待ちしております。全てしっかし、読ませていただいております。ご質問には、真剣にお答えさせていただきます。

「いいね!」のボタンを押していただけると、
エールを送っていただいている気分で、パワーが湧いてきます。
よろしければ、あなたも「いいね!」をポチッといただければうれしいです。 

人間関係の充実こそが、幸せの鍵

ブログを読みにきていただき、誠にありがとうございます。
産業医の武神です。

今日は、

【人間関係の充実こそが、幸せの鍵】

という話をさせていただきます。


最近チェックした「幸せ」に関する研究の概要3つです。


1.
「Grant Study」という調査研究があります。
1940年前後にHarvard大学に在籍した200人を超える男子学生を、その後の生涯にわたって、75年間!、追跡したものです。
この研究の責任者George Vaillantは、調査対象者に向けた2008年3月の報告で、こう言っています。

「人生にとって本当に大切なのは人間関係だということ」

“That the only thing that really matters in life are your relationships to other people.”


2.
上記の研究成果の一部は、米誌「The Atlantic」のJoshua Wolf Shenk氏による記事の中で公開されています。
そこでは、調査対象者の交友関係はその全般的な幸福度に関わっていると指摘されています。

「調査対象者らの老いへの適応の度合いを予測する上では、「47歳時点での人間関係」が(中略)特に有効だとVaillant氏は結論しています。兄弟姉妹との良好な関係は特に影響が大きいようで、65歳で経済的に成功している男性の93%は、それ以前の若い頃から、兄弟姉妹の(少なくとも)1人と仲が良かったそうです。」

The men’s relationships at age 47, he found, predicted late-life adjustment better than any other variable, except defenses. Good sibling relationships seem especially powerful: 93 percent of the men who were thriving at age 65 had been close to a brother or sister when younger.


3.
社会経済学誌「Journal of Socio-Economics」誌に掲載された研究によれば、あなたの人間関係には8万5000ポンド(約1300万円)もの価値があるそうです。

「英国世帯パネル調査の結果を基に計算したところ、社会参加の度合いを増すことは、人生の満足度の観点からみると、最大で年収が8万5000ポンド(約1300万円)増えるのと同等の効果があることが判明しました。その一方で、収入が実際に増えたとしても幸福度はほとんど上昇しません。」

Using the British Household Panel Survey, I find that an increase in the level of social involvements is worth up to an extra £85,000 a year in terms of life satisfaction. Actual changes in income, on the other hand, buy very little happiness.

以上、ぜひ、あなたの心と体の健康管理にも、ご活用いただけると幸いです。


「いいね!」のボタンを押していただけると、
エールを送っていただいている気分で、パワーが湧いてきます。
よろしければ、あなたも「いいね!」をポチッといただければうれしいです。

精神障害の労災認定件数が、前年度比150件増の475件と過去最多!

ブログを読みにきていただき、誠にありがとうございます。
産業医の武神です。

今日は、こころの健康、および、労働安全衛生に関係して、
【精神障害の労災認定件数が、前年度比150件増の475件と過去最多! 】
という話をさせていただきます。


厚生労働省では、過重な仕事が原因で発症した脳・心臓疾患や、仕事による強いストレスなどが原因で発病した精神障害の状況について、平成14年から、労災請求件数や、「業務上疾病」と認定し労災保険給付を決定した支給決定件数などを年1回、取りまとめています。

平成25年6月21日に、厚生労働省より、最新の平成24年度「脳・心臓疾患と精神障害の労災補償状況」まとめが、発表されました。

今回は、精神障害の労災補償状況について、次回は、脳・心臓疾患の労災補償状況について、産業医武神のコメントとともに、紹介させていただきます。


【精神障害の労災補償状況について:産業医のコメント】
>図2-1 精神障害に係る労災請求・決定件数の推移
精神障害に係る労災の25.6%から37.8%と、約1.5倍となっています。
請求件数は横ばいだが、決定・支給件数は増加。つまり、請求すれば認定される率が増加しているということです。


>表2-2-2 精神障害の支給決定件数の多い業種
業種別に見ると、医療・福祉が多いですね。
実際に医療関係分野こそ、産業医のシステムがしっかりはなされていないと感じています。
そこに勤務している医師で産業医資格を持っている人が、名義だけ産業医となり、実務ゼロの場合や、本職(通常の医療、外来、病棟)業務に忙しくて、産業医としての業務に取り込めない。という声を聞いたことがあります。
また、へたに医療従事者だけに、自分のmedicalな相談を他人にしにくい、しない傾向にあるとも思います。


>表2-6 精神障害の時間外労働時間数(1か月平均)別支給決定件数
残業が月80時間未満でも、労災となっている件数が多い。20時間未満のカテゴリーが最大ですね。


【精神障害に関する事案の労災補償状況 概要】
(1)請求件数は 1,257件で、前年度比 15件の減となったが、引き続き高水準で推移。  【P14 表2-1】 
(2)支給決定件数は475件(前年度比150件の増)で、過去最多。  【P14 表2-1】
(3)業種別(大分類)では、請求件数は「製造業」225件、「医療,福祉」201件、「卸売業,小売業」196件の順で多く、支給決定件数では「製造業」93件、「卸売業,小売業」66件、「運輸業,郵便業」「医療,福祉」ともに52件の順に多い。中分類では、請求件数、支給決定件数ともに「医療,福祉」の「社会保険・社会福祉・介護事業」111件、33件が最多。  【P15 表2-2、P16 表2-2-1、P17 表2-2-2】
(4)職種別(大分類)では、請求件数は「事務従事者」342件、「専門的・技術的職業従事者」274件、「サービス職業従事者」153件の順で多く、支給決定件数は「専門的・技術的職業従事者」117件、「事務従事者」101件、「サービス職業従事者」57件の順に多い。中分類では、請求件数、支給決定件数ともに「事務従事者」の「一般事務従事者」234件、65件が最多。  【P18 表2-3、P19 表2-3-1、P20 表2-3-2】
(5)年齢別では、請求件数は「40~49歳」387件、「30~39歳」370件、「20~29歳」242件の順で多く、支給決定件数は「30~39歳」149件、「40~49歳」146件、「20~29歳」103件の順に多い。  【P21 表2-4】
(6)出来事別の支給決定件数は、「仕事内容・仕事量の(大きな)変化を生じさせる出来事があった」59件、「(ひどい)嫌がらせ、いじめ、又は暴行を受けた」55件、「悲惨な事故や災害の体験、目撃をした」51件の順に多い。
また、増加件数は、「1か月に80時間以上の時間外労働を行った」(前年度比29件増)、「(重度の)病気やケガをした」(同27件増)、「上司とのトラブルがあった」(同19件増)、「セクシュアルハラスメントを受けた」(同18件増)、「(ひどい)嫌がらせ、いじめ、又は暴行を受けた」(同15件増)の順に多い。  【P25 表2-8】



■参考リンクはこちら■
以上、ぜひ、あなたの心と体の健康管理にも、ご活用いただけると幸いです。
コメント、ご質問等、お待ちしております。全てしっかし、読ませていただいております。ご質問には、真剣にお答えさせていただきます。

不安や不眠に、薬を使わずにうまく対処するための処方箋

このメールを開いていただいて、どうもありがとうございます。

産業医の武神です。



今日は、


【不安や不眠に、薬を使わずにうまく対処するための処方箋】


という話をさせていただきます。



最近不安な気持ちが強い、寝付きが悪い、夜中に起きてしまう、ぐっすり眠れていない、などに悩んでいるが、薬は飲みたくないときのdrtakegamikenji的処方箋です。


最近の研究によると、不安な気持ちを和らぎ、安らかな睡眠をもたらし、すっきり起きることのできるようにしてくれるという、香り(アロマ)の効果は、精神安定剤と同等であることが判明しました。

香りの種類によっては、バルビツレート系薬剤と同じような神経学的効果があるといわれています。



香りの効果を得るためには、睡眠前に、香りのついた石けんや香り入りのお風呂に入ったり、寝室にアロマをたくなどの方法があります。



他に、よい睡眠のために僕が気をつけることは、

  • 温度、湿度、照明等の睡眠環境に気をつける
    ・明かりは、なしか最低限がいいですね
    ・寝室は、寝るための場所とする
  • カフェインやアルコールを含むものを寝る前数時間は摂取しない
  • 日中は、外で日の光を浴びて過ごしていることも大切ですね


以上、ぜひ、あなたの心と体の健康管理にも、ご活用いただけると幸いです。



また、以下をクリックして、アンケートにご協力頂けますと幸いです。

これからも、ご質問のある方は、以下のアンケートよりお願いします。

■http://bit.ly/jw17lT■

(特に、うつ病などのメンタルヘルスについて何を知りたいか教えて下さい。お答えしていきたいと思います)



いじめ・パワハラでうつ病になったが、労災認定されなかったら

このブログを見ていただき、どうもありがとうございます。
産業医の武神です。

気になるニュースがあり、upします。

いじめ・パワハラでうつ病に 依然高い労災認定の壁

上記記事内容を要約すると、
・パワハラやセクハラ、いじめもうつ等の労災認定の原因になるなど、厚生労働省は力を入れている
・でも、結局、その審査方法(判定方法)をかえないといけないのでは。だって、やった会社がやりましたっていわないでしょ。
という内容。

個々の審査方法を細かくは知りませんが、「第三者が同僚達に匿名でヒアリングする」、というのは、効果的な方法です。私のクライエントではこの方式をお願いしています。

気になったのは、この記事にある女性の話。
自分はいじめ等があったと訴えたが、会社が認めてくれなかったと。
つまり、その後、職場転換や金銭的解決(退職)の方法がなかった(選択肢が提示されなかった)ということかと推測します。

産業医としてアドバイするのであれば、
あなたは、がんばるところまでがんばったと思います。
こんなつまんない会社にとどまることなく、早く、自分の人生を生きていきましょう。こんなこと、過去にして、次の一歩へすすみましょう。
ということです。

1万人以上の人と関わってきた私の経験上、
人の思考回路の軸は、過去軸と未来軸があります。
それに交差するように、報酬(アメ)軸と罰則(ムチ)軸があります。

どの軸を選ぶのかは、自分が決められます。
あなたなら、どれを選びますか?

メンタル社員の復職受け入れ体制について

 今すぐクリック! 【http://on.fb.me/mlmgtofbhp】
「いいね!」ボタンを押してくださった方に、

いつもありがとうございます。

産業医の武神です。


今回は、

メルマガ読者様からいただきました以下質問にお答えしたいと思います。

【メンタルヘルスの不調によって、休職していた社員の復職を受け入れる体制として、以下3点についてご教示いただきたいです。宜しくお願い致します。】

 【①受け入れる側の社員達にどのように理解を求める方法と注意点】
 【②産業医との連携】
 【③本人との定期面談】


あなたの会社の労働安全衛生管理・産業医活動のヒントになれば幸いです。



【①受け入れる側の社員達にどのように理解を求める方法と注意点】

私は、基本的には復職社員の上司に産業医面談をすすめています。

その上司の希望により、部門(同僚達)へ15分程度の出張講義も提案し提案しています。



「NGワードはありますか?」

と、よく聞かれます。

これには、

「ありすぎて、伝えきれません。」

とお答えしまします(笑)。



ホントです(失笑)。



病気に対して、”やさしい心”で接してくれる人には、

「常識の範囲内で考えていただければ結構です。」

とか、

「(メンタルでなく)他の病気の人からカムバックした人と同じと考えて、自然にお願いします。」

といいます。


病気にのない人には、

「安全配慮義務とその実行責任」について説明します。


簡単にいうと、

「会社が訴えられるだけでなく、あなた個人(特に上司)が訴えられる事例もでてきています。」

と、いうことです。

理解できなくても、

会社としての【義務】である。

(仕事の一部である)

という説明です。



【②産業医との連携】

月1回の訪問の場合は,

復職後1,2回は必ず本人と産業医面談します。

その後、上司と人事との面談は、希望に応じてです。


また、何かあったときは常に、人事から私にメールが来ることになっています。

(即対応は弊社のサービスの売りです)


そもそも、この「何か」が、起こる可能性が高い人=心配な人は、復職させません。

常勤の産業医がいる会社でないのですから、

四六時中、医師のカバーが必要な状態の人を復職させる必要はないと思っております。



【③本人との定期面談】

月1回の訪問の場合は,

復職後1回目の訪問時は必ず本人と産業医面談します。

2回目もする場合が多いですね。

就業制限がある間は、原則面談有だと思います。

制限がなくなり、1回は面談して、後は本人の自由にお任せです。



以上、
あなたの会社の労働安全衛生管理・産業医活動のヒントになれば幸いです。



こころの健康 気づきのヒント

いつもありがとうございます。

産業医の武神です。


今回は、

【こころの健康 気づきのヒント】

の情報をシェアさせていただきます。


あなたの会社の労働安全衛生管理・産業医活動のヒントになれば幸いです。


こころの健康 気づきのヒント
bit.ly/AmkCX0 


以上、

あなたの会社の労働安全衛生管理・産業医活動のヒントになれば幸いです。

厚労省「こころの耳」リニューアル

いつもありがとうございます。

産業医の武神です。

今回は、

【厚労省「こころの耳」リニューアル】

という内容のお話しをさせて頂きます。


あなたの会社の労働安全衛生管理・産業医活動のヒントになれば幸いです。



ご存知でしたでしょうか、「こころの耳」サイト


あまり目立った宣伝がないので、知らない衛生管理者も多いかと思います。

しかしながら、かなり利用価値の高いサイトとなっています。



企業の担当者自らの学びとして

チェックリストなどのネタ元(ツール)として、

実際に働く人のメール相談先として、
(働く人の「こころの耳メール相談」)

上司などへの啓蒙の場として


色々な利用方法があると思います。


詳しくはこちら、
「こころの耳」
bit.ly/n6os7a


以上、

あなたの会社の労働安全衛生管理・産業医活動のヒントになれば幸いです。

産業医への相談 メンタルヘルスが大幅に増加、5年前の2倍近く

いつもありがとうございます。

産業医の武神です。


今回は、

【産業医への相談 メンタルヘルスが大幅に増加、5年前の2倍近く】

という内容のお話しをさせて頂きます。

あなたの会社の労働安全衛生管理・産業医活動のヒントになれば幸いです。



厚生労働省の平成22年 労働安全衛生基本調査によると、

労働者の産業医に対するメンタルヘルスに関する相談が大幅に増加していることがわかりました。

(調査は、常用労働者10人以上の1万2413事業所を対象に実施し、8742事業所から回答を得たものです)




産業医が関与した業務の内容(従業員数50人以上の事業所)を見ると、

「健康診断結果に基づく事後措置、再発防止措置の指導」(73.5%)、

「健康診断の実施に関すること」(63.2%)、

「健康相談・保健指導等の実施」(60.6%)

が、5年前の前回調査と同じく上位に入りました。




前回調査から大幅に増加しているが

「メンタルヘルスに関する相談」(34.9%)で、

前回調査(18.2%)の2倍近く

となっています。




メンタルヘルス上の理由で

【連続1カ月以上休業した労働者がいる事業所の割合は】

5.9%でした。



事業所規模で割合に差が大きく、

労働者数1000人以上(90.3%)、

500~999人(72.5%)、

300~499人(58.3%)であるのに対して、

10~29人(2.2%)、

30~49人(8.5%)となっていました。



産業別では、

電気・ガス・熱供給・水道業(27%)、

情報通信業(14.5%)、

複合サービス業(13.9%)、

学術研究,専門・技術サービス業(12.9%)では割合が高く、

生活関連サービス業,娯楽業(2.4%)、

生活関連サービス業,娯楽業(2.8%)、

建設業(4.0%)では低いという結果でした。

 

関連リンクはこちらへ

以上、
あなたの会社の労働安全衛生管理・産業医活動のヒントになれば幸いです。