産業医も納得。職場の喫煙と受動喫煙の状況

2009-01-08

職場で「他の人のたばこの煙を吸入すること(受動喫煙)がある」とする労働者の割合は、65.0%[前回78.1%]となっており、前回に比べて13.1ポイント減少しています。

 

ü         「ほとんど毎日ある」(32.8%)、

ü         「ときどきある」(32.3%)、とのことです。

 

 

職場での喫煙に関して、

不快に感じること、体調が悪くなることの有無についてみると、「ある」と答えた労働者の割合は、30.7%[前回37.2%]となっており、前回と比べて6.5ポイント減少しています。

 

ü         「よくある」とする労働者の割合は8.3%、

ü         「たまにある」は22.4%、とのことです。

 

 

受動喫煙の有無別労働者割合

職場での喫煙に関しての不快感、体調が悪くなる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、20081010に厚生労働省より発表された「平成19年 労働者健康状況調査」を、産業医.com的に紹介させて頂きました。(詳しくはこのリンク先の報道発表資料でご覧ください。)

 

 



コメントを書く







コメント内容



CAPTCHA


お問い合わせはこちらから