産業医も納得。事業所の喫煙状況及び喫煙対策

2009-01-09

喫煙対策に取り組んでいる事業所の割合は75.5%[前回59.1%]となっており、前回に比べて16.4ポイント上昇しています。

 

事業所規模別にみると、10~29人規模の事業所でも71.9%の事業所で取り組まれていますが、規模の大きい事業所ほどその割合が高く、100人以上のすべての規模で9割を超えています。

 

産業別にみると、

1.         「電気・ガス・熱供給・水道業」(97.2%)、が高く

2.         「金融・保険業」(96.3%)、

3.         「教育,学習支援業」(91.0%)、

4.         「複合サービス事業」(90.8%)、 の順となっています。

 

喫煙対策の取組内容としては、

1.         「喫煙コーナーを設け、それ以外は禁煙にしている」(50.2%)が最も高く、

2.         「喫煙室を設け、それ以外は禁煙にしている」(37.0%)、

3.         「会議、研修等の場所を禁煙にしている」(32.5%)の順となっています。

 

 

ちなみに、

「事業所全体を禁煙にしている」は24.4%、となっています。

 

以上、20081010に厚生労働省より発表された「平成19年 労働者健康状況調査」を、産業医.com的に紹介させて頂きました。(詳しくはこのリンク先の報道発表資料でご覧ください。)

 



コメントを書く







コメント内容



CAPTCHA


お問い合わせはこちらから