産業医が唱える 企業の新型インフルエンザ対策のポイント

2009-05-13

産業医が唱える企業の新型インフルエンザ対策のポイントは、

正しい知識を持つこと

状況に分けた対策計画を持つこと です。

あなたの会社の産業医を活用し、会社にあったインフルエンザ対策を作りましょう。

1.鳥インフルエンザ・Avian Flue (H5N1)の正しい知識

人での感染の特徴。

  ほとんどの症例で重症肺炎からARDSを併発し呼吸不全

  強い全身症状、多臓器不全、下痢、脳炎様症状などの呼吸器以外の症状も見られる。


決定的な治療薬はなく、致死率高いため予防が大切。

  流行地域に行かない。

  鶏など家禽との接触を避ける。羽毛、排泄物、加熱不十分な肉・卵製品を避ける。


鳥インフルエンザウイルス感染を疑うべき患者
現在の日本において鳥インフルエンザウイルス感染を疑う患者は、以下の条件を満たす者です。

  1)H5N1鳥インフルエンザが流行している地域へ渡航または在住し、帰国後10日以内
  
  2)その地域で鳥(体液や排泄物も含む)またはH5N1鳥インフルエンザ感染の患者と接触した
  
  3)咳・痰・呼吸困難などの呼吸器症状、および発熱を有する

  

2.新型インフルエンザ・Pandemic Influenzaの正しい知識

特徴

  症状は、咳・痰・呼吸困難などの呼吸器症状および発熱。(普通のインフルエンザに近い)


感染の拡大の予防が大切です。

  外出後の手洗い、マスクの着用、流行地への渡航、人混みや繁華街への外出を控えること(不要不急の外出の自粛)が重要。

  十分な休養で体力や抵抗力を高め、日頃からバランスよく栄養をとることも大切。

  Respiratory hygiene & Cough etiquette:呼吸器衛生と咳エチケット

発症したら?

  抗インフルエンザウイルス薬の内服と移動制限

  疑わしいときは自宅待機。会社に来ないでいい企業文化をつくっておきましょう。

  産業医へ連絡。  (こういうときに非協力的な産業医は変えたほうがいいと思います。)



3.企業における平常時の新型インフルエンザ対策のポイント

正しい知識を持つ

  鳥インフルエンザと新型インフルエンザの違い

  新型インフルエンザも「インフルエンザ」の一種

予防方法の習慣化

  咳エチケット、手洗い、うがい、

  N95マスク・・・1枚約100円、1日1-2枚←アマゾンで買えます
3M社製 N95マスク 8000N95(1箱30枚入)
3M社製 N95マスク 8000N95(1箱30枚入)

  食料品や日用品の買い置き

 

4.企業における新型インフルエンザが発生した時の対策

 新型インフルエンザが発生した時は、国・都も迅速に情報を発信します。(海外発生はWHOが発信)

 まず、正確な情報収集を

 感染しないために、咳・発熱症状の人には近づかない。不要不急の外出の自制

 もし発熱・咳等あり、発症が疑われる時は保健所や区市町村に連絡を。

 あやしい人は、自宅待機。会社に来ないでいい企業文化をつくっておきましょう。

 産業医にも連絡を


以上、ごく簡単に説明しました。

企業での勉強会、講習会ご希望の方はお問い合わせ下さい。希望に応じて、単に勉強会で終わらず、その後の体制作りまでサポート致します。



コメントを書く







コメント内容



CAPTCHA


お問い合わせはこちらから