産業医が唱える 企業の新型インフルエンザ対策のポイント

2009-05-14

お問い合わせで複数ありました「新型インフルエンザ(パンデミックインフルエンザ)対策について」簡単にポイントを提示します。

企業での勉強会、講習会ご希望の方はお問い合わせ下さい。

鳥インフルエンザ/Avian Flue (H5N1) and 新型インフルエンザPandemic Influenza

1. 鳥インフルエンザと新型インフルエンザは違います。

 鳥インフルエンザはもともと野鳥を自然宿主とするウイルスで、鳥と共生関係にあり通常は野鳥にはほとんど症状を起こしません。人間に感染することは稀です。

 鳥インフルエンザが人から人への感染性を獲得したものが新型インフルエンザです。このような新型インフルエンザの出現は20-30年に一度の周期で起きてきています。

 新型インフルエンザが出現すると世界的な爆発的流行が1-2年にわたって起こると予想されますが、新型インフルエンザに対しても多くの人が免疫を持つようになると、普通のインフルエンザと認識されるようになります。

Avian Flue (H5N1) and Pandemic Influenza is different!

 

 

 

 

 

2.日本で新型インフルエンザが発生すると、どのくらいの死亡者が発生するか?

過去に新型インフルエンザが発生した際の全世界での死亡者の推計では、スペインかぜで、4000から5000万人、アジアかぜで200万人、香港かぜで100万人と推計されています。

・ただし、死亡者数は、ウィルスの病原性ばかりでなく、発生時の社会経済状況、医療水準、対策の良否が大きく影響します。現代は、医療水準、社会基盤は向上しているものの、航空網の発達や巨大都市化による急速な感染拡大の懸念があります。

・ワクチンや抗インフルエンザ薬等による介入をしなければ、

 日本の総人口の25%、3200万人が発症する可能性があるといわれています。

 致死率が最大で2.0%であれば64万人の死亡者が予測されます(日本人口比0.5%にあたります)。

 



コメントを書く







コメント内容



CAPTCHA


お問い合わせはこちらから