新型インフルエンザの国内被害想定

2009-05-22

厚生労働省 事業者・職場における新型インフルエンザ対策ガイドラインによると、

新型インフルエンザが流行した際には、

全人口の約25%が発症し、医療機関を受診する患者数は最大で2,500万人になると想定されています。

入院患者は53万人~200万人、死亡者は17万人~64万人と推定されています。

そして、地域差や業態による差があるものの、
従業員本人や家族の発症等により、従業員の最大40%程度が欠勤することも想定されています

H1N1 Influenza 日本国内分類と被害想定


コメントを書く







コメント内容



CAPTCHA


お問い合わせはこちらから