人間関係の充実こそが、幸せの鍵

2013-09-04
ブログを読みにきていただき、誠にありがとうございます。
産業医の武神です。

今日は、

【人間関係の充実こそが、幸せの鍵】

という話をさせていただきます。


最近チェックした「幸せ」に関する研究の概要3つです。


1.
「Grant Study」という調査研究があります。
1940年前後にHarvard大学に在籍した200人を超える男子学生を、その後の生涯にわたって、75年間!、追跡したものです。
この研究の責任者George Vaillantは、調査対象者に向けた2008年3月の報告で、こう言っています。

「人生にとって本当に大切なのは人間関係だということ」

“That the only thing that really matters in life are your relationships to other people.”


2.
上記の研究成果の一部は、米誌「The Atlantic」のJoshua Wolf Shenk氏による記事の中で公開されています。
そこでは、調査対象者の交友関係はその全般的な幸福度に関わっていると指摘されています。

「調査対象者らの老いへの適応の度合いを予測する上では、「47歳時点での人間関係」が(中略)特に有効だとVaillant氏は結論しています。兄弟姉妹との良好な関係は特に影響が大きいようで、65歳で経済的に成功している男性の93%は、それ以前の若い頃から、兄弟姉妹の(少なくとも)1人と仲が良かったそうです。」

The men’s relationships at age 47, he found, predicted late-life adjustment better than any other variable, except defenses. Good sibling relationships seem especially powerful: 93 percent of the men who were thriving at age 65 had been close to a brother or sister when younger.


3.
社会経済学誌「Journal of Socio-Economics」誌に掲載された研究によれば、あなたの人間関係には8万5000ポンド(約1300万円)もの価値があるそうです。

「英国世帯パネル調査の結果を基に計算したところ、社会参加の度合いを増すことは、人生の満足度の観点からみると、最大で年収が8万5000ポンド(約1300万円)増えるのと同等の効果があることが判明しました。その一方で、収入が実際に増えたとしても幸福度はほとんど上昇しません。」

Using the British Household Panel Survey, I find that an increase in the level of social involvements is worth up to an extra £85,000 a year in terms of life satisfaction. Actual changes in income, on the other hand, buy very little happiness.

以上、ぜひ、あなたの心と体の健康管理にも、ご活用いただけると幸いです。


「いいね!」のボタンを押していただけると、
エールを送っていただいている気分で、パワーが湧いてきます。
よろしければ、あなたも「いいね!」をポチッといただければうれしいです。


コメントを書く







コメント内容



CAPTCHA


お問い合わせはこちらから