ゴールデンウイーク期間中における海外での感染症予防について

2012-04-25
いつもありがとうございます。

産業医の武神です。

今回は、

【ゴールデンウイーク期間中における海外での感染症予防について】

という内容のお話しをさせて頂きます。

あなたの会社の労働安全衛生管理・産業医活動のヒントになれば幸いです。



ゴールデンウイークは海外へ渡航される方も多い時期です。

GWの海外渡航ですので、

出張でなく、プライベートな旅行が多いと思います。

その場合、会社としての安全配慮はさほど必要ありません。



会社としての示したいポイントは2つ。

1.滞在中に、病気にならずに、元気仕事に帰ってきてくださいね。

2.帰国後、(病気を)社内に広めないでくださいね。

というスタンスだと思います。



そこで、

海外滞在中に感染症にかかることなく、

安全で快適に旅行し、

無事に帰国することができるよう、

海外で注意すべき感染症及びその予防対策について情報提供させていただきます。



【海外での感染症予防のポイント】
1.
海外で感染症にかからないようにするためには、感染症に対する正しい知識と予防方法を身につけることが重要です。

2.
渡航先や渡航先での行動によって異なりますが、最も感染の可能性が高いのは食べ物や水を介した消化器系の感染症です。
参照リンク http://bit.ly/HNLWnn】

3.
日本で発生していないような、動物や蚊・ダニなどが媒介する病気が海外で流行していることがあり、注意が必要です。また、WHOが排除又は根絶を目指している麻しん(はしか)、ポリオは、日本での感染者が減少傾向又は発生が認められていませんが、諸外国では未だに流行しています。
参照リンク http://bit.ly/HPDmEI】

4.
渡航先の感染症の発生状況に関する情報を事前に入手し、予防接種が受けられる感染症については、余裕をもって相談しておくなど、適切な感染予防に心がけてください。
海外の各地域における感染症の発生状況、感染症、予防接種に関する情報は、下記サイトから入手できます。

【厚生労働省検疫所 FORTH 海外で健康にすごすために】
  http://bit.ly/IhBSPN

【外務省 海外安全ホームページ】
  http://bit.ly/HOGMq9 



以上、
あなたの会社の労働安全衛生管理・産業医活動のヒントになれば幸いです。



●恵まれない方のために

1クリックすると
協賛企業が慈善団体に寄付してくれます(1クリック=1円)。

今、自分がここにいられることに感謝し、1日1回クリックしませんか。

私も毎日、ワンクリックしています。 http://www.dff.jp/


コメントを書く







コメント内容



CAPTCHA


お問い合わせはこちらから