あなたの会社の新人さんに、これだけは伝えたい

2014-03-26

いつもこのブログをお読みいただき
どうもありがとうございます。
産業医の武神です。

今日は、
【あなたの会社の新人さんに、これだけは伝えたい】
という内容を、お話します。


来週から新年度に入りますね。

多くの会社で”新社会人”が
入社してきます。


この時期は、クライエント企業での新人研修の一環として
産業医から話をしてほしいと頼まれることがよくあります。
クライエント企業でなくても、
単発のセミナー依頼で忙しくなる時期です。

今日は、そんなときに私がする話の一部を
ご紹介させていただきます。


言い方は色々ありますが、
【今までは、他人と比べての自分】
による自己評価を主体にやってきた人も、

【これからは、自分と比べての自分】
でやっていきいましょう。
という内容を言います。
img3 最近の若い人たちは、成長過程で
偏差値、受験、結果主義的な要素の中で
ほめられ、おだてられ、
育ってきています。

その結果、
大きな壁にぶつかったときに、
すぐに周りを見渡し、
周りが対応できていると、それを真似するのではなく、
自分は出来ない、という評価をしてしまいがちです。

その”大きな壁”ですら、
本当は、大きな壁とは呼べないものであることも多い
ことも皮肉です。

また、周囲がそんな自分を助けてくれないと、
指導してくれないと、
どんどん、【落ちて】いってしまいがちです。


はっきりいって、
他人がどうのとか
他人はどうのとか
関係ないはずですよね。

今の自分がどうか
過去の自分よりも頑張っているか
過去の自分よりも前進しているか
ここのフォーカスする必要があります。

そして、高い自己効力感(self efficacy)をもって、
【自分は出来る】
という、揺るがない信念をもって
対処して欲しいと思います。


今までクラスの中で、
トップ10%だった人も、
その会社に入った時点で、
90%の人は、トップ10%から脱落しています。

今まで平均上だった人も、
新しい集団では、
すでに、半分の人は、
平均以下に落ちています。

つまり、
他人と比較することは
しょうもないことなんですね。


それをpositiveなエネルギーに変えられるのならば
いいじゃないの。
って言う人もいますが、
そんなことありません。

所詮、その比較した他人を越した時点で
満足して現状維持になってしまいますので。



【自分を人と比較しない】

このことをぜひ、
あなたの会社の新人にも、
お伝えいただければと思います。


以上、あなたの心と体の健康管理と自己成長と、あなたの会社の安全衛生管理にも、ご活用いただけると幸いです。
コメント、ご質問等、お待ちしております。bit.ly/jw17lT
全てしっかり、読ませていただいております。ご質問には、真剣にお答えさせていただきます。



コメント2件

  • chiaki yoshikawa | 2014.03.31 8:38

    おはようございます。あちらこちらで、桜が満開で楽しい気分です。先生のブログ、拝見させていただいています。

    今 丁度新入社員の研修を向かえ産業看護師として、何から話せば良いのか 考えていました。
    とにかく 何でも相談にこれる保健室にしたいので先生のお言葉はずばり活用させていただき安心して話せる関係性ををアピールしてみます。
    いつも、ありがとうございます。先生のブログは1人で活動している私の支えです。

  • drtakegami | 2014.03.31 9:52

    chiaki yoshikawさん、コメントどうもありがとうございます。
    新人さんたちは、やる気と希望に燃えていて、そんなときに、うつの話などしても何も響きません。7月頃の弱った人がいる頃に、そのような話の機会を設けることをいつも企業には提案しています。ご参考にしていただけますと幸いです。
    応援していただける方のいることを励みに、これからもがんばりたいと思います。
    引き続きよろしくお願い申し上げます。

コメントを書く







コメント内容



CAPTCHA


お問い合わせはこちらから