過重労働対策面談にならないためには?

2008-10-08

 

 では実際に、過重労働対策面談にならないためにはどうすればいいのでしょうか?

 

 

このような状況にならないためには、企業は従業員を残業させない仕組みを考える必要があります。

 

簡単なことではないかもしれませんが、まずは、この法律を頭の片隅に置いて、従業員の日々の働き方を再考して下さい。

 

 

残業を減らすことは工夫できる場合があります。

 

例えば、ノー残業デーをつくるなどです。

 

この結果、業務効率が上がり、残業が減った例も多くあります。

 

 

ほかに、過重労働面談の実施を従業員に通知したことにより、

 

それだけで、従業員の残業時間が減った例もあります。

 

きっと、「先生」との面談によほど抵抗があったのかもしれませんね。

 

 

長時間働くことは美徳ではありません。

 

組織全体の作業効率を上げることも仕事です。



コメントを書く







コメント内容



CAPTCHA


お問い合わせはこちらから