産業医も納得。労働者(従業員)が喫煙対策として望むこと

2009-01-07

職場における喫煙対策として望むことがある労働者の割合は92.2%[前回90.7%]となっています。

 

労働者(従業員)が、対策として望む内容としては、

1.         「喫煙室又は喫煙コーナーを設け、それ以外を禁煙とすること」(54.1%)、 が最も高く、

2.         「喫煙室又は喫煙コーナーにたばこの煙を排気・除去する機器等を設置すること」(35.3%)、

3.         「事業所全体を禁煙とすること」(24.0%)、 の順となっています。

 

以上、20081010に厚生労働省より発表された「平成19年 労働者健康状況調査」を、産業医.com的に紹介させて頂きました。(詳しくはこのリンク先の報道発表資料でご覧ください。)



コメントを書く







コメント内容



CAPTCHA


お問い合わせはこちらから