産業医も気にする従業員(労働者)の現在の持病の状況

2009-01-27

医師から診断された持病が「ある」とする労働者の割合は31.4%[前回28.8%]となっています。

 

男女別にみると、男が33.8%、女が27.8%となっています。

 

持病がある労働者が挙げた具体的な持病の種類(複数回答)としては、

1.         「高血圧」(25.9%) が最も高く、

2.         「腰痛」(24.1%)、

3.         「高脂血症」(16.4%) の順となっています。

 

持病の種類別労働者割合

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、20081010に厚生労働省より発表された「平成19年 労働者健康状況調査」を、産業医.com的に紹介させて頂きました。(詳しくはこのリンク先の報道発表資料でご覧ください。)



コメントを書く







コメント内容



CAPTCHA


お問い合わせはこちらから