充実した退職後生活のために

2012-03-15
いつもありがとうございます。

産業医の武神です。


今回は、

【充実した退職後生活のために】

という内容のお話しをさせて頂きます。


あなたの会社の労働安全衛生管理・産業医活動のヒントになれば幸いです。



今回は、私が念頭において過ごしていることをひとつ紹介させていただきます。

それは、

【退職後】の充実ライフのための計画です。



退職後、

皆様はどのようなライフプランをお持ちでしょうか?


大まかな計算では、

退職者が元気に健康にアクティブに過ごす時間は、

働いていた時の週末の時間とほぼイコールとなっています。



今までの労働年数(約45年) × 週末(2) × 労働時間(8) = 720時間

とほぼ同じ時間が、

退職者が元気に健康にアクティブに過ごす時間です

 約20年 × 平日(5) × 日中の時間(8) = 800時間



毎日が日曜日、Every day is Sunday、ですね(笑)。



産業医の見解としては、

充実したシニアライフのためには、

以下の4つの枠の中でできることを5つずつ考えて

いただければと思います。



毎日(平日)実践すると1ヶ月になります。



1.雨でも出来ること(室内)で、一人でできること

2.野外でできることで、一人でできること

3.雨でも出来ること(室内)で、複数でできること

4.野外でできること複数でできること
        


健康で過ごすことは言うまでもありませんが、

ぜひ、充実した時間を過ごしていただきたいと思います。

以上、
あなたの会社の労働安全衛生管理・産業医活動のヒントになれば幸いです。


コメントを書く







コメント内容



CAPTCHA


お問い合わせはこちらから