今夏の熱中症対策の一層の強化について】

2012-07-25
Facebookページをつくりました!
今すぐクリック! 【http://on.fb.me/mlmgtofbhp】
「いいね!」ボタンを押してくださった方に、
衛生委員会のネタ[オフィスに潜む雑菌]をプレゼント中!

いつもありがとうございます。

産業医の武神です。


今回は、

【今夏の熱中症対策の一層の強化について】

という内容のお話しをさせて頂きます。

あなたの会社の労働安全衛生管理・産業医活動のヒントになれば幸いです。



 厚生労働省は2012年7月19日、第二回熱中症対策に関する検討会を開催し、熱中症対策の強化を発表しました。

 夏期において毎日、前日の熱中症患者発生情報を厚生労働省のウェブサイトに公表するなど、新たな情報開示を決定。

 また、熱中症の予防リーフレットを更新し、周知依頼も行いました。。



「熱中症」の基本知識として、
・高温多湿な環境下で、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温調節機能がうまく働かないことにより、体内に熱がたまり、筋肉痛や大量の発汗、さらには吐き気や倦怠感などの症状が現れ、重症になると意識障害などが起きる。

・気温が高い、湿度が高いなどの環境条件と、体調が良くない、暑さに体がまだ慣れていないなどの個人の体調による影響とが重なることにより、熱中症の発生が高まる。急に暑くなった日は特に注意。

・屋外で活動しているときだけでなく、室内で特に何もしていなくても熱中症を発症し、救急搬送されたり、死亡する事例が報告されている。室内に居る時も注意が必要。



予防法としては

「水分補給」


「暑さを避ける」

の2点が基本です。



■参考リンクはこちら■
今夏の熱中症対策の一層の強化について(周知依頼)
bit.ly/M6sKn6

熱中症予防リーフレット
bit.ly/PCqsv4


以上、あなたの会社の労働安全衛生管理・産業医活動のヒントになれば幸いです。



コメントを書く







コメント内容



CAPTCHA


お問い合わせはこちらから