近年の労災情報 ~労災件数について~

 

ここでは、産業医の関係する企業のリスクマネジメントとして、労災、過労死、過重労働対策についてお話します。

 

心の健康を損なう、いわゆる「精神障害」などで労災が請求された件数は、引き続き高水準で推移していると同時に、決定件数は過去最多となっています。

精神障害等にかかる労災請求・決定件数の現状

厚生労働省 平成24年度「脳・心臓疾患と精神障害の労災補償状況」

 

そのようなことを背景に、最近の労働行政の取組みは厳しくなってきています。

下記法律から、最近の監督署の取締り強化・是正勧告急増の背景が見えてきませんか?

 

1996年10月               「健康診断結果に基づき事業者が講ずべき措置に関する指針」を策定

1999年9月            「心理的負荷による精神障害等に係る業務上外の判断指針について」

2001年4月    「労働時間の適正な把握の為に使用者が講ずべき措置に関する基準」

2001年12月               「脳血管疾患及び虚血性心疾患等の認定基準」

2002年2月    「過重労働による健康障害防止の為の総合対策」

2003年5月    「賃金不払い残業総合対策要領」「サービス残業解消対策指針」

2006年3月    「過重労働による健康障害防止のための総合対策について

 

 

まずは、最近の脳・心臓疾患及び精神障害等の労災補償状況について。

2001年を100%とすると、脳・心臓疾患及び精神障害等の労災補償状況は、請求件数(左図)、実際の認定件数(右図)ともに増加しています。

特に、精神疾患(メンタルヘルス関係)での増加が著明です。

 

 

脳・心臓疾患及び精神障害等の労災補償状況の内わけについて。

            実際の労災補償としては、生活習慣病に関するものが、メンタルヘルス等の精神障害関連のものの倍以上あります。

 

気になる労災caseとしては、

・       発症から5年後の請求で、時効後に労災が認定されたcaseもあるということ。

・       退職後の自殺を労災として認定したcaseもあるということ。

 

最近のニュースとしては、

・       トヨタ従業員の自殺が過労死として認定された判決。通常業務後の「サークル活動」が労働時間か否かが焦点になりました。

・       マクドナルド店長の残業時間の判決。管理職、裁量労働制、サービス残業についてが焦点になりました。

 

お問い合わせはこちらから