実際のメンタルヘルス対策として、「4つのケア」を整えましょう。

 

  1. 労働者個人によるセルフケア
  2. 管理監督者による、ラインによるケア
  3. 事業場内産業保健スタッフ等によるケア
  4. 事業外産業保健スタッフ(事業外業者)によるケア

 

具体的には、

 

1.  労働者個人によるセルフケア

・       労働者自身が、自ら、自らの心の健康のために行う対策です。

・       その内容は、ストレスへの気づき、ストレスへの対処、自発的な相談などです。

・       実践方法としては、知識の普及や周知のための社内広報(紙・HP)、健康保険組合の雑誌、講習会などがあります。

 

2.  管理監督者によるライン(職場)によるケア

・       日常的に労働者と接する現場の管理監督者が行うケアです。

・       その内容は、心身の不調をきたしている部下の把握と相談対応、職場復帰支援などです。

・       メンタルヘルスケアの中で、重要な位置を占めています。

 

3.  事業場内産業保健スタッフ等によるケア

・       産業医、衛生管理者、衛生委員会なども含む事業者による、会社としてのケア(への取り組み)です。

・       その内容は、近い問題に対処可能な具体的な計画、経営方針の一部としての中期的計画・予算化などです。

・       最も重要なことは、事業者による明確な意思の表明=企業としてのコミットメントです。

 

4.  事業外産業保健スタッフ(事業外業者)によるケア

・       事業内で足りない部分に関しては、事業外資源の活用などについても決めておきましょう。

・       その内容は、EAP機関などのアウトソーシングや場合により医療機関です。

・       社内で対応できる範囲とアウトソーシングを使う範囲、関係者のプライバシーの問題などの周知が必要です。

 

 

いろいろあって、大変ですが、まずは、必要な時に必要なことができる社内体制を作りましょう。

 

あなたの会社の人事部、衛生委員会などで、産業医の先生と相談して下さい。

労働者健康福祉機構メンタルヘルスケア 図4

お問い合わせはこちらから