BCPよりもFCP!?

2011-06-23
いつもありがとうございます。

産業医の武神です。


今回は、

【BCPよりも大切なものとは?】

という内容のお話しをさせて頂きます。

あなたの会社の労働安全衛生管理・産業医活動のヒントになれば幸いです。


3月の震災後、もう、3ヶ月が経とうとしています。


多くの企業では、自分達の今までの災害時計画が、

うまくいった

もしくは、

うまくいかなかった

など、反省と改善をされていると思います。



弊社のクライエント企業においては、

・そのまま東京でビジネスを続けた企業

・東京で自宅待機or在宅勤務とした企業

・神戸や大坂に場所をかえた企業

・国外へ避難した部署のある企業

などなど、さまざまでした。


もちろん、何が正解かはありません。

ただ、わかったことは、

【上記BCPよりも、大切なこと】があり、


それを、BCPの中で(併用して)実行した(していた)企業においては、

とてもうまくいっていたと思いますし、

その後の社員ストレス、会社への忠誠度もpositiveなものであったと思います。



【上記BCPよりも、大切なこと】とは・・・
【Family Continuity Plan】

家族の安否が確認できなければ、ビジネスに社員は向いてくれません。

また、

社員を遠隔地へ避難させる場合、その家族はどうするのか等、

あらかじめ社員へ伝えておく必要(社員が計画を立てられる)があると思いいます。


FCPの一例

・家族の連絡先の確認

・家族の安否確認方法の確認

・家族の避難場所の確認

・家族の保険情報/パスポート情報などの整理

・大人が連絡取れない場合、近所の誰に頼るべきかの確認

などなど


ぜひ、衛生委員会を通じて、社員・ご家族へお伝えください。


また、FCPとして、

・こんなことも考えておくべき、

・こんなこともやっておくべき、

などアイデアがあれば、ぜひ教えてください。

以下をクリックし、アンケートにご協力頂きついでに、あなたのいいアイデアも頂けますと幸いです。

bit.ly/jw17lT 



コメントを書く







コメント内容



CAPTCHA


お問い合わせはこちらから