産業医から小規模企業へ⑮-1 保健指導の実施の必要性

2009-03-25

産業医からの質問:

 

 あなたの会社は、選任している産業医や保健師に、健康診断結果に異常な所見がある従業員に対して、保健指導を行わせていますか?

 

 

労働安全衛生法は、経営者に対して、健康診断の結果に異常な所見があるなど特に健康の保持に努める必要がある従業員を対象とした、医師又は保健師による保健指導の実施に努めることを義務づけています(労働安全衛生法66条の7)。

 

 

保健指導は、労働者の自主的な健康管理を促すのに有効であり、生活習慣病などを防止するために必要な従業員の生活習慣の改善などに効果的です。

 

産業医を選任している場合は、ぜひ保健指導を実施してもらいましょう。

 



コメントを書く







コメント内容



CAPTCHA


お問い合わせはこちらから