災害の上司の対応、べきべからずは?

2011-03-17
産業医.com読者からの質問をシェアさせて頂きます。

このような災害時、各部署のマネージャー達は部下に対してケアが必要と思います。たとえば、言うべき、または言うべからず集のような(Do and Do not)参考になるものがございましたら、ご紹介頂くことは可能でしょうか?

  一般的には、このような時の対策として、以下が大切といわれています。
  • セルフケア→よく寝て、よく食べて各自が心身ともに健康でいること。
  • 休む→可能であれば、順番に1日づつでもoffがとれるとかなりいいです。
  • 眠る→通勤にも時間がかかるし、家でも用事が多くなって、皆、睡眠不足になりがちです。可能であれば、早く帰宅させましょう。
  • ゆっくりする時間を持つ→会社でも「仕事、仕事」でpushしすぎないこと。
  • 軽い運動→ストレス対処にとても役立ちます。長距離歩くときも、運動になると思って歩きましょう。
  • 何か気になることがあれば、相談する、話す。→このような雰囲気をつくれるとベストです。
 
特に職場では・・・
日本人の国民性として、弱音を吐くこと、をよしとせず、我慢してしまう人が多いかと思います。
 
ぜひ、お互いに今回のこと、これからのことなどを、話すことをOKとする文化(雰囲気)を持てるといいと思います。
 
上司の方々が、部下に個別に、「どうですか?親戚・身内は大丈夫ですか?家族は大丈夫?今の心配事は何ですか?」など、を聞いてあげることができるといいと思います。
 
部下(同僚)達が、「地震の時どんな感じだった、こんな感じだった」のような話をしている人たちがいても、それをさえぎって(注意して)、「仕事、仕事!」とはしないことが大切かと思います。(このようなことを話すこと自体がストレスのはけ口になっています。)
 

物理的な面で言うと、会社には食料やモノの備え(ライト、毛布、暖房関係)がどの程度あるかを把握し、それを社員にopenにして、足りない分を各自備えて通勤することをお願いするのがいいと思います。
 

BCPに関しては、それぞれの企業文化がありますので、何とも言えませんので、各社のご判断でお願いいたします。


コメントを書く







コメント内容



CAPTCHA


お問い合わせはこちらから