定期健康診断の実施率、受診率、有所見率について

2011-09-22
いつもありがとうございます。

今回は、

【定期健康診断の実施率、受診率、有所見率】

に関するお話しをさせて頂きます。


あなたの会社の労働安全衛生管理・産業医活動のヒントになれば幸いです。



2008年10月10日に厚生労働省より発表された

【平成19年 労働者健康状況調査】

によると、
過去1年間に

定期健康診断を実施した【事業所】の割合(実施率)は

【86.2%】

でした。

[前回平成14年調査は87.1%]


 
事業所の規模別にみると、

300人以上のすべての規模の事業所では、

【100%実施】

されていました。



 
実際に定期健康診断を受診した【労働者】の割合

=受診率

(=過去1年間に定期健康診断を実施した事業所における常用労働者のうち定期健康診断を受診した労働者の割合)

は、

【81.2%】

でした。



そして、そのうち、

所見のあった労働者の割合(有所見率)は、

【39.6%】

でした。
 


つまり、働く人の

【32.2%】

に、何らかの所見がある=健康を害している可能性がある、

ということになります。


 
受診率について、

事業所規模別にみると、

50人以上のすべての規模で8割を超えていました。


やはり、

【8割以上の受診率は最低限必要】

ということでしょう。





図で見たい方はこちらへ
————————–
bit.ly/drt91pod
————————–
 



そろそろ、

労働基準監督署の調査が盛んに行われる時期です。


あなたの会社の定期健康診断受診率は大丈夫ですか?


再度確認してみましょう。




以上、

あなたの会社の労働安全衛生管理・産業医活動のヒントになれば幸い

です。




●恵まれない方のために

1クリックすると
協賛企業が慈善団体に寄付してくれます(1クリック=1円)。

今、自分がここにいられることに感謝し、1日1回クリックしません

か。

私も毎日、ワンクリックしています。 http://www.dff.jp/



コメントを書く







コメント内容



CAPTCHA


お問い合わせはこちらから